10/25/2013

良い本。

こつこつと読んでいたと言うと、他ごとが忙しく少しずつ読み進めたように
聴こえるが、この場合は最後の頁に辿り着きたくないから勿体ぶって
読んでいた。
「編集者の時代 雑誌作りはスポーツだ」
マガジンハウス文庫

何を隠そう、わたしはPOPEYEリニューアルからしっかりと心を掴まれてしまった部類の人間で、初期から読んでいる人からは、にわかだと言われるかもしれない。

創刊前は、流行の服に流され、メンズノンノとの差別化が図れておらず、あのポパイが表紙なんかに使われたら全く似つかわしくなかったものだったが、
リニューアル後、良き時代のポパイが帰ってきた。 もちろん「シティーボーイ」の服装も好きだが、その系統は他の雑誌でもある程度知ることができる。
ここまでこの雑誌に惹かれてしまっている理由は、
「文体」と「姿勢」。

ギャツビーがold sport!と語尾につけるように、
親しい友が新しいこと、古くて知らないことを教えてくれる。
〜だよ。〜してみない?〜なんだ。 

そして、作らされている感じが一切なくて、むしろ、詰め込み過ぎだよ、と
あきれ顔(だけど笑顔)をしたくなるような、編集者が作りながら熱くなっちゃっている感じがある。

きっと大人の事情もあるだろうけど、乱立する何十種類もの雑誌は、
まるでタウンページのような厚さで、タイアップのおかげで、右上ジャケット○○円って商品カタログみたいだ。作り手の顔は見えてこない。どんなものが好きで何をして暮らしてるのか。校了に追われて疲れた顔でパソコンに向かって、たまにパーティに出席する編集者という仕事の人の姿なら目に浮かぶ。

「編集することは、自分たちの好きなものを集めて編むこと。」
この原点を毎号素直に感じさせてくれる雑誌がPOPEYEだ。

この文庫は、良き時代のPOPEYEの、編集後記を集めたもの。
編集長 木滑良久さんが痛快な語り口で、喜んだり、勇んだり、しかめ面しながら
その時代の様子を教えてくれる。

0 件のコメント: