2/03/2012

花嫁のおすそわけ

s-02
感じる服考える服展での様子



先日、Lamp Harajukuというshopの
ウィンドーディスプレイ 「花嫁のおすそわけ」を見てきました。
keisuke kanda さんが 作った作品。
「感じる服、考える服」にも出展されていて、
そのときとても魅了されてしまったので、Lampにまた飾られるということで
見に行ってみました。
ディレクションは、大森仔佑子さんです。

10段階くらいに ウェディングドレスが分解されているような形。

手前は、コルセット。アンティークレースや古着の切れ端が重ねられています。
そこから チュール付きの白いサロペットがあったり、
白いレース付きのニーハイソックス、こっそりと下着まであって、
そして最期がコルセットに大きな白いリボンが付いたもの。
部分的に普段使いや本物のウエディングにも取り入れられます。
正面から見るとすべてのパーツが重なってひとつのウェディングドレスに見えるんです。
結婚という「女の子」を卒業する日だからこそ、
こんなロマンティックで遊び心のあるドレスが着られたら幸せですね。



私は正直なところ、このようなアンティークレースや古着のリメイクに
いままで目を向けてきていなかったので、まだまだ 上手く説明できませんが、
これから少しずつ触れていきたいなとおもっています。
少女性をもったもの、ガーリーカルチャーを語るうえで、
keisuke kandaさんやLamp、meno.で扱われているお洋服たちは外せませんね。
高円寺に新しくできたスナック「あの子と僕をつなぐ服」にも足を運ばなくては。

11ss2.jpghttp://keisukekanda.com/


0 件のコメント: